DECOY ボディガード




昨日コメント頂いてので返信したのですが、kameyamakoって変な名前ですね…。適当に登録した時のままでした。一時はカメヤ・マダムという名前でオネエ口調で進めるスタイルに変更も考えましたが、疲れる設定になりそうだったのでやめました。

気の利いたニックネームも思いつかなかったので、カメヤマンしました。ただ亀山湖が好きっていうだけで、偉そうな名前にしてすみません。

そして昨日はここ最近で1番のアクセス数でした。実釣レポートのおかげなのか、よりともさんへの悪口提言のせいなのかw

実釣レポートのおかげと信じて、普段スピニングで使ってるフックを紹介します。

ガード付きフック問題

もはやバスアングラーにとって永遠の課題の1つに思えるガード付きフック選び。

根がかりしない、フッキングも抜群

というのが我々アングラーの理想で各社から様々なフックが発売されてます。
正直、たくさんありすぎてどれが一番良いか全く分かりませんw

私は板山氏プロデュースしたDECOY BODY GUARDを使ってます。

魅力的な新製品が出ると何でも買って試したくなる性格なので、このフックもそういう好奇心で買ったのがきっかけでした。大体メーカーの謳い文句に騙されるのがオチなんですが、これは使ってみると、けっこういい感じでした。

根がかり・バレが軽減したように思います。
さすが亀山をホームにしてる人がプロデュースしただけあって良く出来てるな〜と感心したもんです。
ご本人がかなり細かく解説してくださっていますので、興味ある方はこちらへ(ボディガード

私は主にスワンプジュニアのネコリグ、ワッキーかけのDSにはこのフックを使っていますが、今のところこのフックが一番使い勝手が良いかなと思ってます。カバー以外は大体スピニングでやってますが、DECOY BODY GUARDの5号を使っています。

昨日アップしたバスはこのフックに0.9gネイルシンカーのネコリグでした。

結局は自分のフィーリングに合うか合わないか

私の場合、すぐ根がかりするようじゃリズム悪くなるのでダメです。ちょっとミスキャストで枝にひっかけても揺すって落ちるとかの方が使いやすいし、ミスも緩和されて得した気分になります。でも、私の友人は全く逆意見で、根がかりしなさすぎるのは気持ちが悪いから嫌いと言います。彼は枝・岩なのか水中のストラクチャーに引っ掛けてシェイク〜ハングオフを繰り返すスタイルだからです。

釣りは千差万別、フックはタックルバランス、使い方などで合う合わないが人によってかなり出ますので、色々使ってみて自分のフィーリングに合うモノを使うのが一番かと思います!

そういえば、先日JBトップ50旧吉野川戦で逆転優勝した福島プロは、根がかりしても外しに行く間もずっとシェイクし続けるそうです。「いつバスが食いに来るか分からないから」と言ってたのを書いてて思い出しました。
根がかりをそんな前向きに考えたこともなかったので、すごく印象に残ってます。

ルアーが水中にある限り諦めない!ってことですよ。

なんだか締めくくりが違う方向に行ってしまいましたが、DECOY BODY GUARDをまだ使ったこと無い人は一度お試しあれ!

 

 

 










更新情報をTwitterでお届けしてます!

更新情報以外ほとんどつぶやきませんが、よろしければフォローお願いします

ABOUTこの記事をかいた人

カメヤマン

情報こそが経験に勝るとも劣らない武器である。 時に的を得てない事もあるかもしれませんが、アマチュアアングラーゆえご容赦下さい。