釣りビジョンで亀山湖




岩堀航の亀山ダム、オータムシーズンの楽しみ方

昨日は釣りビジョンで「BASS GALLERY」オンエアされてたのでチェックしました

ネタばれになるので見たくない方はここで閉じて、番組を見てからまた来てくださいね!

 

日本屈指のハイプレッシャーレイク・亀山ダムでフィッシングガイドを勤める岩堀航が登場。「釣りは遊びなんだから、まずは楽しむ」ことを追求する、気鋭のアングラー。

日を隔てた、減水時と満水時、シチュエーションの大きく変わった2日間の実釣を通して、現役ガイド・岩堀ならではの、秋の亀山ダムの楽しみ方をご紹介します。

 

岩堀プロといえば

つばきもとで亀山湖ガイドを始めたゲーリーファミリーの一員

TOP50参戦中のトーナメンター

DSTYLE青木大輔と同級生

通称ブラッディ

 

 

顔を覚えて欲しいから偏光グラスをかけないっと逆パンダ日焼けの顔をさらしたままと健気なブラッディ

番組は地図を片手に移動し、地形や状況を説明しながらガイドっぽく進行するブラッディ

時折英語を混ぜるルー大柴風トークなブラッディ

好感が持てる明るい青年です

 

pc_03_0000208610

 

「釣りは遊びなんだから楽しまなくっちゃ」と序盤は何度も繰り返してましたが

終盤はひきつったような表情に(笑)

「釣らないといけない」すごいプレッシャーなんでしょうね。。。

釣果は残念ながらアベレージ2匹とまーまー洗礼をうけてました

 

 

見終わって

「釣りは遊びなんだから楽しまなくっちゃ」的なフレーズを繰りかえす岩堀プロ

自分自身をリラックスさせるためなのか

ハイプレッシャーでギスギスしがちな亀山アングラーに対するメッセージなのか

 

ガイド業やトーナメントの釣りでお金もらってるのに

「釣り=遊び」というプロの発言に少々違和感を覚えました

芸能人がプライベート旅行的なTV番組や賞金を奪い合うバラエティ番組は

やってる本人は楽しそうでもそれを見ててもつまんないですよね(ファン除く)

それと同じで

視聴者が見たいのは「遊び」ではなくプロの思考でありテクニックでありシークレットなわけです

特に釣り専門チャンネルなわけで

実際「遊び」で番組が成立させるのは難しく、成功例は

3人でやってるSUGOIアワーくらいでしょうか

 

同じような番組ばっかりで差別化したかったのかもしれませんが

結局釣ったのは「遊び」ではない「本気」のレッグワームダウンショット

きわめて中途半端な構成に

 

次回(があるなら)遊びを極めるのかスポンサーアイテムのPRにつとめるかにしたほうが良さそうです

 

 

少し毒づいてしまいましたが

彼の事、キライじゃないです

おもしろいし、まじめ、憎めないタイプ

たぶん弄られキャラ

応援していこうと思います

ガイドの申し込みや問い合わせはこちら→岩堀プロのブログ

 

個人的には奥泉プロで番組やって欲しい

釣りビジョンみるならスカパー










更新情報をTwitterでお届けしてます!

更新情報以外ほとんどつぶやきませんが、よろしければフォローお願いします

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

カメヤマン

情報こそが経験に勝るとも劣らない武器である。 時に的を得てない事もあるかもしれませんが、アマチュアアングラーゆえご容赦下さい。