小森的亀山湖レンタルボートスタイルVol.1




IMG_4587

アングリングバス買ってみました。Basser誌以外の雑誌を買ったのは、DSTYLE発表時のルアマガ以来か。昔は雑誌を買い漁ってたんですけど、Twitterやブログなどインプットする情報が増えたので自然と今の流れに。

本誌を買ったお目当ては「小森的亀山湖レンタルボートスタイル」

IMG_4586

 

誌面連動動画も

AnglingBASSの誌面連動してる動画もUPされ、理解度UP。


30分となかなかの大作に仕上がってます。

これまでも似たような企画はあれど、亀山湖限定での連載は珍しいような。

でも、釣れるぜ!だけじゃダメ。マナーアップにつながる啓蒙も欲しいところ。

というのも最近、亀山湖におけるマナーというかモラルが低下気味に感じます。いろんな人が来るので仕方ないんですが、みんなで気持ち良く釣りができるような環境を作らないと、TKKみたいな事になる。夜釣りしてる人もたまに見かけます。亀山湖は我々バサーに残された数少ないサンクチュアリ。

発信力のあるプロやガイドさんがきちんと言わないと未来はない。

やや過激な言葉になったが、実際にレンタルフットコンで10フィート乗ってる人達はライフジャケット着用してない事も多いですし、キャストしてるポイントの真上走行など目に余る行為もしばしば。

体験談

先日もト◯タボートから出船したボートに横入りされました。マイウォーター!!など主張するつもりはありませんが、あまり気持ちよくはありませんでしたね。ボートポジションだけで判断するのではなく、キャストも見ましょう。
先行者がどっちに流してるかよく観察すれば分かる事。そっと後ろに入りましょう。後ろで釣られたらしょうがないとこっちも諦めがつきますし。

割り込み

まー、おそらく悪気は無いのでしょう。誰からも教わらないからおそらく知らないんです。

こういうマナー問題って見知らぬオッサンから言われるとカチンとくるだろうし、やっぱりそれなりに発言力がある人が発信してゆくべきだと思います。誰だって他人よりデカイのを釣りたい、数を釣りたいと殺気立ってるし。

よく分からない人は「自分がされたら嫌なことはしない」というだけで良いと思います。

自分の周りを観察・分析できてないようじゃ、バスのパターンなんか見つけられません。そういうことです。

後半は愚痴になり、そっちの方が長くなってしまいましたが、Vol2以降にはそういう部分も期待したい!オフシーズンなので読む人も少ないとかそういうオチにならない事を願いつつ。

 

 

 

 

 










更新情報をTwitterでお届けしてます!

更新情報以外ほとんどつぶやきませんが、よろしければフォローお願いします

ABOUTこの記事をかいた人

カメヤマン

情報こそが経験に勝るとも劣らない武器である。 時に的を得てない事もあるかもしれませんが、アマチュアアングラーゆえご容赦下さい。