亀山湖でバスを釣る<6月>




6月の亀山湖

関東も梅雨入りしそうでしない微妙な気配。6月は1年でもっともバスが釣れる時期です!

定番パターンは基本的に5月と同じで、朝はフィーディング、日中は縦ストやカバーとシェードに虫。1日中雨の日はまたパターン変わりますけどね。
これに加え、ポッパーなどトップウォーターの水面ゲーム。クランク、チャターベイトなど巻物も釣れはじめる時期。

自分の好きな釣りで釣れる(釣れやすい)たまらんシーズン。

ただ、ライブウェル禁止期間の関係で毎週どこかで大会が行われる予定で、人的プレッシャーもかかるので、イージーと言いにくいもの事実。週末は相当なものかと。入りたいとこに入れないジレンマ、ひと通り誰かが流した後にどう釣るか?工夫も必要に。

どうやって釣る?

個人的に今シーズンのオススメは、ずばり「スモラバ」です!

マイラーミノーやホローベリーなどワカサギの表層パターン、昨シーズンからはギル型ルアーの大流行。ワカサギの放流などちゃんとした背景があってのパターンなのですが、メーカーの宣伝を始め、みんなこぞって真似するから大流行しすぎで、もはやコレじゃないとダメな感も。

しかし、最近自分の釣りを見直す機会があり、その時によく使ってたのがスモラバです。

新興勢力に押されてはいますが、数年前までは亀山湖=スモラバと言っても過言では無いほど使われてましたので、実績は間違いありません!(きっと)
亀山はスモラバ発祥の地という方もいらっしゃるくらい馴染みのあるルアー。

  • ベイトフィネスでオーバーハングにひっかけて虫パターン
  • カバーへパワーフィネス
  • 縦ストフォール
  • バンク・岬でズル引き
  • ミドスト

何でもできる万能アイテム。

最近改めて見直す機会があり、流行に左右されないド定番パターンもいいのでは?と思った次第ですが、良さそうじゃないですか?
書いてるだけで釣れる気がしてきましたw

あと、朝が重要です。日中日が登るまでがチャンスなので、早起きがマストです!
圧倒的に朝の活性が高いのは事実です。朝を外すと釣れる確率がぐ〜〜〜んと下がります。

 

朝+スモラバ

 

サイズは選べませんけど、きっと1本はキャッチできるかと。(責任持てませんが)

その他に注意すべきポイント

もう1つ、6月の気難しい天気に要注意。

大雨、台風、雨による濁りなど。これに加えて減水もじわじわ進んで行きます。

天候によってパターンも変わってきますので、臨機応変にする必要もあります。特に台風の前は釣れる!なんて良く聞きますが、身の安全が一番なので無理ないようにしたいもんですね。

また、ボートもかなりの数が出ます。
キャストの距離やボートの速度など気をつけましょう。大会に出てる人など殺伐とした雰囲気の人もみかけます。遊び、真剣勝負、他人より大きいのが釣りたい、たくさん釣りたいなど楽しみ方が人それぞれ。
残念ではありますが亀山湖のマナー低下も多く耳にしますので、やられたらやり返すのではなく、一人一人が気配りできればきっと気持ち良く釣りができるはずだと思います。

と、少々アツくなってしまいましたが、亀山LOVE同士仲良くやりましょう!っていつも思うんですよね。

 

 

 

 










更新情報をTwitterでお届けしてます!

更新情報以外ほとんどつぶやきませんが、よろしければフォローお願いします

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

カメヤマン

情報こそが経験に勝るとも劣らない武器である。 時に的を得てない事もあるかもしれませんが、アマチュアアングラーゆえご容赦下さい。