メンテ・チューン 亀山湖-亀山ダム_おすすめルアー

釣れるスイムベイト「ハートテール」のチューニング3選

更新日:

スイムベイトといえば昔はスイングインパクトとワンナップシャッドくらいしかありませんでしたが、ここ数年で急増。だんだんハードルアー巻き物で釣れなくなり、ワーム素材がニーズに合ってきたということでしょうか。ゲーリーヤマモトから発売された「ハートテール」のチューニングを紹介します。ゲーリーマテリアルのワームで釣れるという要素は満たしてますが、亀山で使うならこのようなチューンが良いんではないでしょうか。

①イッチーリグ・改

ハートテールの開発者でもある市村プロのリグらしい。ゲーリー総帥河辺さんがブログで丁寧に説明されてるので詳しくはコチラから確認下さい。

ハートテール  イッチーリグ河辺裕和きまぐれblog

私は少しだけアレンジ。巻きテキサスとイッチーリグのミックスに。

パイプを通す

パイプを通すとこまでは同じ手順。ちょっと残してカットし、最後に仕上げると作りやすいですよ。
頭から刺すのではなく、お腹から刺す方が良いと思います。
IMG_4703

インナーライン・フックセット

シンカーをお腹ではなく、頭にセットしました。お腹の方が重心が良いと思いますが、キャスト時にフックがズレるような気がして。また、トリプルフックとワームがダイレクトに当たるとボディがヘタリそうだったのでビーズをセット。
フックはリューギ、フェザードピアストレブル#5と小さめ。手持ちがコレしかなかったというのもあるが、亀山はカバー多いしサイズダウンでちょうど良いかと。

IMG_4705

弱いとされるゲーリーマテリアルの弱点を補うチューン。オーバーハングなどにスキッピングなどもしやすく、プアなカバーであればテキサスの様に使うことも可能です。

 

②ノーシンカー用ブラシチューン

シャッドテールのリグは主にノーシンカー、テキサス、スコーン、ヘビダンってところでしょうか。季節的にヘビダンは違うかと思うのでノーシンカーにして、カバーやオーバーハングを巻いてみようと思います。

IMG_4707

通常オフセットフックとシンカー付きオフセットフック。

オフセットを使っててもキャストしてる間にワームがずれたり、裂けたりしてフックがゴミにひっかかたりして何かと鬱陶しいもんですが、ブラシガードを刺すだけでカバー回避能力がアップするのでお試しあれ。
1本か2本刺すだけでOK。飛んで行きやすいので、気になる人は片方だけ瞬間接着剤で固定するのも良いかと。

IMG_4708

ちょっとした手間ですが、このチューンだけでだいぶすり抜けが変わります。スイムベイトに限らないので、ぜひお試し下さい。

③ラトルイン

テールにラトルを挿して音でアピール。
ボディに挿してもいいけど、テールのカカト部分にセットするとテールの振り幅が上がるんじゃないかと。一番揺れるところなので、音も出やすい(はず)。
もう一つの利点が、テールの振り幅も増え、ゆっくりテロテロ巻くのに最適チューン。

IMG_4711

IMG_4710

ちなみに音を出さずにテールの振り幅を増大させるのであれば爪楊枝かネイルシンカーで代用出来ます。ネイルシンカーの場合は早巻きで波動を上げるか、水面直下ではなく、30~50cmくらいを引く時に良さそうです。

いかがでしょうか?釣れるスイムベイト「ハートテール」のチューニング3選を紹介しました。色々妄想しながら準備する時間が一番楽しいですね。
準備はOK!
あとは釣るだけです!

 

 

 

関連記事セレクション

レッグワーム簡単チューン

リアクションダウンショット

リアクションダウンショット後編

■亀山湖 秋の定番パターン

亀山ビギナー向けセレクション

亀山湖(亀山ダム)のレンタルボート選び<前篇>

亀山湖(亀山ダム)レンタルボート選び<後編>

亀山ダムで釣れるワーム スワンプジュニア【初心者必携】

亀山湖(亀山ダム)おすすめリグ ネコリグまとめ

亀山湖でブラックバスを釣る!

-メンテ・チューン, 亀山湖-亀山ダム_おすすめルアー
-, , ,

Copyright© カメヤマコ・ネット , 2018 All Rights Reserved.