ポニーテール120 ゲッツ!




IMG_4513

「急いで買わなくてもシーズンインまでに買えればいいや」なんて思ってましたが、目の前に売ってるのを見たら思わずバイトしちゃいましたよ。

2.5mダイバーということですが、JACKALLで公開されてる映像では川島さんの使い方はスローリトリーブ中心。大きなリップのおかげでアクションが大きく、カワシマイキーよりスローに巻けると動画内で何度かおっしゃってました。ただ、本当のカワシマイキーとの使い分けは深いところまで届かせるのが最大の違いかと思われます。

(関連記事:川島さんプロデュースの新作をチェック!、JACKALL ポニーテール120が入荷してる)

 

インドアインプレ

では恒例のインドアインプレ(実釣インプレは来年かな…今シーズンこれで釣る自信ない)

ワイドロングリップ

IMG_4515

ウォブリングと急潜行の秘密はココですね。スプーンのような湾曲リップ。
ここも塗装したカラーがあっても良かったかもです。JACKALLさん、新色リリースではぜひ!(アースカラー希望です)

3連ジョイントボディ構造

IMG_4518

ふむふむ、躱マイキーと比較すると可動域が狭いです。クネクネ動く・S字にという感じでは無さそうです。両者同じようにボディ全体でぐるぐる動くイメージなのか、早くキャストしてみたい。

シルエット

躱マイキーと並べてみた。

IMG_4517

リップ、フックまで入れれば全長・重さはほぼ同じくらい。ボディの厚みはポニーテールの方がある。
フックもマイキーが3つに対してポニーテールは2つ。少ない分、2〜3番手大きいサイズになってます。フェザーもティンセルもついてません。リアフックは特徴的な2連スプリットリング

水中姿勢は全然違うとリップからイメージできるのでカバーへのコンタクトやアプローチで使い分けると良いかもです。

 

早く投げないと

いずれにしても実際にスイミングさせてみないと何とも言えません。

IMG_4516

今、気がついたんですが目が真っ黒ですね。コワい。

これからの時期は巻いて、岬のスタンプや立木などのインビジブルストラクチャーにプレゼンテーションしてもいいのではないかと思います。ボート密集地帯でも急潜行するので使いやすいんじゃないでしょうか。
とはいえ、見てると4色くらいしかまだリリースしてない様なので、欲しいカラーが出るまで待っても良いかと。急いで買うほどのシーズンでもないですし。

ブログでこの時期の釣り方を解説されてます。→ポニーテールで一発大物狙い‼

むしろこっちを動画で見たいです。

かわしファミリー。

増えたもんです。
亀山生まれのルアーが全国のフィールドでも使われてて何だか嬉しいです。
あと発売されてないのは早巻き用ペンシルミノーかな〜。急ピッチにラインナップが増えたので、しばらく出無さそうだが。

IMG_4520

 

 

 

 

 










更新情報をTwitterでお届けしてます!

更新情報以外ほとんどつぶやきませんが、よろしければフォローお願いします