レジットデザイン「ワイルドサイドWSC64L “Bait Finesse”」インプレ




64(ロクヨン)

前回記事を見返してたら、レジットデザインさんからRTされてた!そして操作を間違ってしまったのかツイートを消してしまった!Twitterあまり活用できておらず、気が付かずでした。細々とやっているマイナーblogにまで目を通して頂いたのに申し訳ありません。しかもよく見ると、タイトルがレジッドになってて誤植してた(汗)※訂正しました。

 

使用しているベイトフィネスロッドのパワーに少し不満がありましたので、興味があったレジットデザイン WILD SIDEを買ってみました!

はずかしい気持ちと申し訳ない気持ちでいっぱいですが、偉そうにインプレしてみます。私自身ロッドにそこまでこだわりがある訳でもないので、たいした表現力もないのでお粗末インプレですがあしからず!

 

買ったのはWSC64L “Bait Finesse”

WSC67L+ “Bait Finesse”とどっちにするか非常に悩んだんですが、選んだポイントとしては1/16(1.8g)のネコリグを亀山湖では多様するので、よりフィネスな方を選びました。実際使用して1.8gネコも余裕でキャストできた(まだ軽いのもいけそうだった)ので、67L+でも良かったかな?とも感じてますが、ひとまず64Lを使い込んで見ようと思います。

取り調べ

ロッド袋がカッコいい!

ペナペナのナイロンでもふわふわウレタンでもなく、しっかりした布製、帆布?

IMG_2518

軽い!

正直6万以上する高級ロッドを買ったことありませんので、一概に比較はできませんがフェイウィックのハイエンドクラスもこんな感じなんでしょうかね。手持ちのベイトフィネスロッドよりは断然軽いです。
釣具屋でティップ天井当てたりブンブン振ったりしても何もわからんタイプなので、テーパーや振り調子はいいんじゃないでしょうか。(適当)

外観

リールシート周辺がFantasistaっぽい。アブの小森パープルなのでなおさらそのイメージに引っ張られる。ブランクはツルッとした外観でカーボンぽくないので個人的にはこっちの方が好きですね。

IMG_2517

実釣見分

カットテール4インチの1.8gネコリグ、フックはNSS、ラインは8ポンド

キャストしやすい

軽いロッドのわりにカチッとした硬めの印象だったので、少し投げにくいことも覚悟してましたが、そんな心配は無用だったようで、スムーズにキャストが決まる。
実際にリールとルアーをセットしてようやくロッドが本来の姿になったというか、キャストはとてもしなやかに。

感度

まだ1回の釣行なので、そこまではっきりわかった訳ではないが感度は普通だと思う。
Fantasistaのような「カツン」というバイトではなく、「ぬん」という感じ。
慣れれば問題無さそう。

よく曲がる、そして強い

ちょっと驚いたのが、よく曲がる事。そして簡単にバスを寄せられること。
ルアーをキャスト、操作してる時はシャッキっとした印象なのに、いざサカナがかかると本領発揮するようです。HPのスペックやメディアに「トルク」というワードが何度も出てきてましたが、こういうことなのでしょう。
その日1番だったサイズのバス(40クラス)を立木でかけた時、つっこみをくらいラインが切れる!と焦りましたが、後になって思えばそれは瞬間的な事で、気がつけばなんなくいなしてキャッチすることが出来たと思います。課題だったカバーから抜くパワーも問題無し。これは自分がうまくなったと勘違いできますw

 

私的まとめ

初見ではカッチリした印象でしたが、実際はムッチリでした。
やたらバッドだけでパワーを出そうとするロッドやガチガチのロッドが多い昨今、私もそんなロッドばかり使ってますが、このようにロッド全体のしなりでサカナを寄せるロッドは久々に「やりとりがおもしろいな」と思わせてくれました。もちろん新しく買ったロッドの初実釣りという楽しさも加わってると思います。2年ぶりに新しいロッドを購入したので。今回は40前後が最大サイズだったので、1500gクラスのバスをかけたらどんな感じになるのかこれから使っていくのが非常に楽しみです。

ロッドのスペシャリストが作るロッドなので、素人にダメ出しされるような不具合もあるはずなく、しいてあげるならばリールシートはコルクが良かった!そんなことも思いますが、ここはコストの問題かな。

 

ハイエンドを買えないサラリーマンアングラーにとってはズバリ、噂に違わぬ性能とコストパフォーマンス!なのかと思います。お金に余裕があれば、スピニング(61UL)とベイト(610MH)も買ってみたいと思います。

調べてたらグラスコンポジットも開発中とか。これも楽しみ。

ぶっちゃけ派手さやカジュアルさが足りないような気もしますが、実際に一番お金を使ってそうな世代に響きそうな「玄人・本物感」がブランドイメージに定着しつつあるので、今後もレジットデザインは要チェックですね!

 

 

亀山ダムにショートロッドブームがくるかも(レジットデザイン新製品)

2016.01.06

LEGIT DESIGN レジットデザイン

2015.04.15

関連記事セレクション

レッグワーム簡単チューン

リアクションダウンショット

リアクションダウンショット後編

■亀山湖 秋の定番パターン

亀山ビギナー向けセレクション

亀山湖(亀山ダム)のレンタルボート選び<前篇>

亀山湖(亀山ダム)レンタルボート選び<後編>

亀山ダムで釣れるワーム スワンプジュニア【初心者必携】

亀山湖(亀山ダム)おすすめリグ ネコリグまとめ

亀山湖でブラックバスを釣る!










更新情報をTwitterでお届けしてます!

更新情報以外ほとんどつぶやきませんが、よろしければフォローお願いします

ABOUTこの記事をかいた人

カメヤマン

情報こそが経験に勝るとも劣らない武器である。 時に的を得てない事もあるかもしれませんが、アマチュアアングラーゆえご容赦下さい。