亀山湖-亀山ダム_攻略

ディープorシャロー?亀山湖での冬の釣り方いろいろ

更新日:

ようやく冬モード?

今日から急に冷え込んできた関東地方。亀山湖では雨のようなミゾレのようなのが降ってるようです。3連休が暖かかっただけにウソみたいな寒さですね。寒くなっても気温と違い、急に水温が下がるわけでもないので、これからじわじわ下がってゆき、月末にはいつもの姿になるでしょう。

相変わらずシャローでのビックバス釣果が目立ってますが、実はディープのサイズも数も上がっている兆し。これから春まではディープ優勢になるのでは?相変わらずシャローで1発!もあるが、確率的には減っていくでしょうね。

定番からテクニカルな方法まで釣り方いろいろ

ゲーリーヤマモト(Gary YAMAMOTO) 2.5インチ レッグワーム #985

レッグワームのダウンショット

なんだかんだ他メーカーが出してきてはいますが、レッグワーム黒が最強です。これほど使ってる人が多いのに釣れる、何年もスレないルアーも珍しいと思います。よほど亀山湖のベイトに合ってるのでしょう。

ダウンショットリグはレッグワーム黒、SSSフック#3、2.8gシンカーを基本とし、シンカーの重さなどで調整。ボトムを取れない人は重めのシンカーで確実にボトムを取りましょう。

このDVDは場所も解説してくれてますのでとても参考になりますよ。

シャロードリーム

キャッチする確立こそ低いが、50UP捕獲率は断然シャロー。玉砕覚悟でやり切るともしかするかも?

やるなら3.5gスモラバでパワーフィネス。オーバーハング最奥にてロングシェイク。

ドラッキング

これはかなり特殊な釣り方。簡単に真似できるものではないですが、使えるようになれば他のアングラーとのアドバンテージになりますね。

近道はやはりディープフィッシング

場所やレンジは日替わりなので、特定しにくいですが、メジャーポイントに入れば大きく外す可能性は低く、答えに近づけると思います。ただメジャーポイントはそれだけボートプレッシャーがかかり続けてるので、簡単に釣れるわけでもないです。

私の場合はまず最初に白鳥島など広いエリアに入り、魚探でレンジやベイトをチェック。あわよくばここで1本釣りたいとしばらく粘ります。反応が薄かったり、人が増えてくると気を使うので移動します。

ここからの狙い所はメジャーの1ランク下のスポット。メジャーとマイナーの中間のフラットエリア。あそこや、あそこです。あとはまどか岬にあるスタンプみたいに沈みモノや立木のストラクチャー。大まかではるが、スタンプや立木などストラクチャーの情報もこの本に記載されてるので参考にしてみてはいかがでしょうか。すでに持ってる人も読み返すだけでだいぶ違いますよ!

ディープの練習に行くならお早めに

なかなか布団から出れず、早起きがしんどい時期ですが、まだ水温が高く活性の高めの今シーズンはチャンスかも。今の間に行った方がバスに触れるチャンス。ディープの練習になると思います。日に日に活性が下がっていき、どんどん深場になっていくので難易度が高くなります。

例外

雨や雪など、「荒れる前・荒れた後」はシャローに絞って良いと思います。そういう日はシャローで釣れる確立が少しだけ上がるので、チャンスです。のむらボートさんには、それ目当てに大御所田辺プロも訪れますよ。

冬にバスを釣るのは決して簡単ではありませんが、読んで頂いた皆さんに参考となれば幸いです。

-亀山湖-亀山ダム_攻略
-,

Copyright© カメヤマコ・ネット , 2018 All Rights Reserved.