DSTYLEとJACKALLのコラボルアーはいつ発売?




あれから半年・・・

横浜フィッシングショーで突如発表された「株式会社DSTYLEと株式会社ジャッカルの共同開発」のニュース。早いものでもう半年がたちましたね。当時はセンセーショナルなニュースでしたが、半年がたった今、どうなったのか?ちょっと調べて見ました。

けっこう出てた!

ルアマガのスクープ画像。

IMG_6950

羽モノじゃないのか?これくらいならDSTYLE単独で作れそうなんで、何か特殊な仕掛けがあるんでしょうね。

Twitterの写真

プラの様子の写真です。新調したボートが間に合わなかったので知り合いにボートを借りました〜というつぶやきですが、注目はデッキの上

これじゃね?

スクリーンショット 2016-08-23 22.52.39

見た目は完全に羽モノ。よーく見るとアイが背中についてるような。うーん、なんでしょうね。ピクピク横移動する羽モノ?ギルギルゾーイサイドウォーカーみたいな感じ?

動画でも

はっきりとは映ってませんが、使い方はシェイクで、表層ピクピクかステイ。ムシっぽい使い方で、やはりただの羽モノではなさそうです。巻くだけならポンパドールがあるので、ジャッカル的には競合になるデメリットしかないわけですし。

と、思ってたらガッツリ映ってた!使ってたプロトのルアーをつけたままタックルチェンジしたので、しっかり映ってますね。ツイッターの画像と合わせて、これで間違いなさそうですね。

スクリーンショット 2016-08-22 22.22.32

リアフックの位置がよく分かりません。アイは解像度の関係でよく分かりません。

動画の関係ない部分ばかり注目して申し訳ありません。

こうしてみると、けっこう露出してますね。フィッ◯ア◯ーあたりが先に出してもよさそうですが、やはり簡単には真似できないのかもしれませんね。

まとめ

わかったことをまとめるとこんな感じ。

  • デザイン:ミノーシェイプのボディに羽
  • 大きさ:90mmくらいでスリム、今流行中のデカ羽モノとは別物
  • ギミック:羽が樹脂?西湖で使ってるのでワームではない
  • アクション:ピクピク
  • 発売時期:未定
  • 価格:未定

流行りのアベンタやダッジのようなデカ羽モノとは大きさもさることながら使い方が全然違いますね。

ほぼできているし、けっこう公開はしてるが、発売は来年ではなかろうか?というのもDスパイカーもDチャターも遅れてるので、今シーズンは出ないと勝手に予測。このルアーでバサクラで優勝して来春まで引っ張るというストーリーがいいですね。ウイニングルアーにするにはちょっと季節的に厳しいかな?

いずれにしても待ち遠しいですね!

関連記事セレクション

レッグワーム簡単チューン

リアクションダウンショット

リアクションダウンショット後編

■亀山湖 秋の定番パターン

亀山ビギナー向けセレクション

亀山湖(亀山ダム)のレンタルボート選び<前篇>

亀山湖(亀山ダム)レンタルボート選び<後編>

亀山ダムで釣れるワーム スワンプジュニア【初心者必携】

亀山湖(亀山ダム)おすすめリグ ネコリグまとめ

亀山湖でブラックバスを釣る!










更新情報をTwitterでお届けしてます!

更新情報以外ほとんどつぶやきませんが、よろしければフォローお願いします

2 件のコメント

  • カメヤマンさん、こんにちは(^^)

    なるほど~ こんなにはっきり写ってるとは!
    ルアマガには「自発的に動く」って書いてありましたね。

    単純に、思いつくのはスプリングウエイト(パルスコッドのやつ)でした。動画は、「強めに動かして止めて」の動きをさせてます。そうやればスプリングウエイトなら振動させられるし、動画見てますますそんな気が・・・
    このルアーは軽そうだし、羽根も軽い素材なら、羽根の先端から自発的な微波紋が出せそう。

    しかし、その程度のギミックを出し惜しみするはずもないかな、とも思いますね笑

    • つかじーさん

      コメントありがとうございます!
      デカ羽モノ使いのつかじーさんも気になるアイテムなのですね。

      マグネットを使った自発的アクションとはすごい洞察です。ブルービーも確かそんな構造でしたよね。バネは使ってないにしてもありえそうです。
      ルアマガが羽を隠してたのも気になりますんで、内部構造もさることながら羽のギミックに秘密がありそうな気がします。
      公開終了しましたが、この動画の前篇がずっとシェイクしてたんですよ。でも今回はポッパー的な使い方もしてるのでいよいよ謎です。

      妄想楽しいですね(笑)

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    ABOUTこの記事をかいた人

    カメヤマン

    情報こそが経験に勝るとも劣らない武器である。 時に的を得てない事もあるかもしれませんが、アマチュアアングラーゆえご容赦下さい。