トーナメントマーカー




これは便利そう

Basser3月号内の記事で見つけたコチラ↓

魚体を痛めづらいトーナメントマーカー

22

 

亀山湖ではここ最近バスの保護に力を入れています。大会の自粛、リミット2匹のルール化増加、ライブウェル持ち込み禁止期間の追加などなど漁協組合・各ボートハウスが取り組んでますね

では、我々アングラーでもできることとは何か?と考えた場合

釣ったバスをなるべく痛めない事です

写真を撮ったらすぐリリース、コバスは狙わないなど、簡単な事を一人一人が意識すればだいぶ違うと思います。(スポーニング時期はひっかけでデカイの釣って自慢してるアングラーもいるそうな・・・)

 

トーナメントに参加するアングラーはどうでしょうか?

キープしたバスのケアですね

外部循環式ライブウェルはマストになってますが、去年紹介した「フィッシュプロテクトバッグ」を使ってる人はまだまだ少数派。釣った魚のマーカーは安全ピンタイプが主流でこれまでクリップ式のやつは廃盤になってしまっており、このトーナメントマーカーを待ってた人は多いのではないでしょうか??

 

お買い求めはコチラへ→ミシマ釣具

 

リミット2匹になればあまり使わないような気もしますが、これから亀山湖の大会に出られる方はぜひご検討下さい

 

 










更新情報をTwitterでお届けしてます!

更新情報以外ほとんどつぶやきませんが、よろしければフォローお願いします

2 件のコメント

  • このマーカーは良さそうですね!
    フィッシュプロテクトバッグは、魚の目がこすれて白くなってしまったり、気づかないうちに死んでしまっていたりと、逆にダメージを与えるという声をよく聞きます。

    • 亀山大好き。さん
      コメントありがとうございます!
      なるほど〜フィッシュプロテクトバッグはそのようなケースがあるんですね、参考になります。また役立つ情報あれば教えて下さい^^

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    ABOUTこの記事をかいた人

    カメヤマン

    情報こそが経験に勝るとも劣らない武器である。 時に的を得てない事もあるかもしれませんが、アマチュアアングラーゆえご容赦下さい。