亀山湖でバスを釣る<5月>




5月の亀山湖

この時期の定番パターンは
朝はフィーディング・日中は縦ストにスローフォール・オーバーハングのシェードに虫
フィーディングパターンについては先日記事にしましたので、釣行の参考になればどうぞ→(亀山湖 フィーディングパターン

 

5月中旬~6月にかけて、とても厳しくなる時期(時間帯)があります
そんな時はよりスローにやると釣果に繋がり安くなります。

 

縦ストにスローフォール

フィーディングが無い時間帯は、縦ストにストレート系ワームのスローフォールが定番パターン。

代表的な縦スト

ホテル下のチョコレート岩盤、トキタボート横コンクリート岩盤、神社下の岩盤など横に長く広がる岩盤エリア。藤林、林道下、押切沢ヘアピンなどの立木群。各橋の橋脚、水門などマンメイドストラクチャー。

使うルアーはゲーリーのノーシンカー!

ゲーリーヤマモト、カットテール3.5インチ・4インチ、センコー3インチ・4インチをマスバリでワッキー掛け。

キャストはなるべく遠くから、遠く離れてもキャストによる着水音が大きいと食いが悪くなりますので注意!釣れない=バスがいないのではなく、ナーバスになっているという状態をイメージして、慎重かつ丁寧にアプローチを心がけるだけで釣果が変わってきますよ。

スピニングで3~4lbのフロロカーボンで、キャストしてからしばらくベイルを起こしたままフリーフォール。

とりあえず、コレでOK

アタリがなく、スーッとラインが走ってる事もあるので集中。
岩盤スレスレにてバイトがあった場合、こっちに向かって走ってる事が良くあるので要注意。

結構根気がいる釣りになるので、ゲーリーに限らず、自分の信じられるルアーでいいと思います。
カラーはグリパン・ウォーターメロンなど濃い目カラーとスモークなど薄目カラーをその時の水の色に合わせてチョイス。これも好きなカラーで問題無いと思います。

 

釣れない時のひと工夫

縦ストに反応が無い時はカバーや虫パターンなど別の釣りにシフトするのもいいですが、この時期は大型がぽけーっと浮いてる事が多く、諦めるのはまだ早い!と思います。

<<試すこと2つ>>
着水前にワームを地面に置く
一度ワームを地面などに置いてから、ロッド操作で着水。フォールが始まったらベイルをおこしてフリーフォール。着水音を可能な限り減らすことでよりナチュラルに誘うのが目的です。

ワームをサイズアップ
それでも釣れない場合は、思い切ってルアーのボリュームアップ!
私は10インチカットテールにしてます。キャスト〜フリーフォールなどアクションはそのままで、シルエットと存在感でアピール。

 

これでダメだったらカバーですかね

大した事を書いてませんが^^;
少しでも参考になれば幸いです

 

 










更新情報をTwitterでお届けしてます!

更新情報以外ほとんどつぶやきませんが、よろしければフォローお願いします

ABOUTこの記事をかいた人

カメヤマン

情報こそが経験に勝るとも劣らない武器である。 時に的を得てない事もあるかもしれませんが、アマチュアアングラーゆえご容赦下さい。